2007年11月30日

胃カメラ

初めて胃カメラを体験してきました(*_*;

前の方が、ゲポーゲポーと言ってるのが聞こえるので
もぅぅぅぅ(*_*;帰りたーいたらーっ(汗)
と思いながら、喉の麻酔を口に含ませていましたバッド(下向き矢印)
この麻酔もちょっと気持ち悪かった。

麻酔は、水あめみたいな物を3分から5分口に含ませておくと、
舌がしびれてくるような感覚で麻酔が効いてきます。

ついに私の番がきてしまいましたがく〜(落胆した顔)

ベッドに寝かされて、

看護婦さんに
「痛いですか?」と聞いたら、
「喉を通るときが一番つらいから、頑張ってね」

このときは、医者が薄笑いを浮かべる悪魔に見えますね(^_^;)
胃カメラが体内に入っていきました。

喉にカメラがきたとき、
むせ返りそうになると、
「ココが一番つらいところだよ。頑張ってね」
と医者と看護婦さんが。

っていうか!!!何を頑張ればいいんのーー(@_@;)
と思いながら、自分の体内のモニターを見ていました。

自分の体内が見られるとは思わなかったので、
モニターを見たいのだけど・・・・



眼鏡をはずしてくださいといわれたので、
コンタクトをしてこれば良かったと、少し後悔。
滅多に見られないのに。
滅多にというか・・・もぅぅぅぅ胃カメラは勘弁してほしいもうやだ〜(悲しい顔)


むむむむむ

って言うかexclamation×2
喉の一瞬じゃなくて、ずっと苦しいんだけどむかっ(怒り)
どんだけーーーーーーーーーーーーどんっ(衝撃)

って心の中で叫んでいました。

お腹をぐるぐるとカメラが通っているのが分かるので、
早く終われー後もう少しー頑張れ私ー
と自分で励ましていると、

お腹がたまに膨らむから、
(体内では、小さなカメラもこんなに大きく感じるんだぁ〜)
と思っていたら、何かで膨らまして患部を見ていましたたらーっ(汗)

先生が「やっぱり食道があれてるよー」
「・・・・・・」これは、問いかけてるの?答えられる状態ではないんですけど!!

しばらくすると
「うん目なんだこれ。何かある」と。

どんっ(衝撃)あせあせ(飛び散る汗)」(何々どんっ(衝撃))と思っていると
潰瘍が2箇所も出来ていたようですたらーっ(汗)

終わってから、看護婦さんに
「病気なんてするもんじゃーないですね」と泣きながら言うと、
看護婦さんは笑っていました。

皆さんも、健康には気をつけてくださいね(^_^;)
posted by 美人主婦。 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 美容ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。