2006年07月16日

卵肌にするクリームのつけ方

手のひらにクリームをたっぷりととります。

5点(両頬、鼻、おでこ、あご)にクリームを大きく乗せます。
※両頬はやや多めに。おでこ、鼻は少なめにクリークをのせましょう。

残ったクリームを手の平全体の伸ばし、顔を包み込むようにクリームをなじませます。

なじませる時に、大きく円を描きながら下から上へ持ち上げるようにするとマッサージ作用もあり、リフトアップにつながり効果的ですよ。
※ 決してこすらないように!
※ 目の周りや口は重ね塗りが効果的ですよ。

最後に、顔全体にしっかり蓋をしてあげるつもりで、手で顔を覆いながら優しくおさえます。手に残ったクリームは、首や手に馴染ませてください。首や手は年齢がとても出やすい所です。

ニキビに悩む人もクリームは効果的です。
※ 10代の頃のニキビは、乾燥によるものではないのでクリームはつけなくても大丈夫です。つけるならジェルなどのサッパリを!

大人のニキビは、乾燥が原因です。水分不足によりお肌がごわつき、かたくなった古い角質が皮脂の出口をふさいでいるのです。

乳液やクリームでお肌を柔らかく整え、ニキビ予防をしましょう。またニキビが出来ている所は、ニキビを刺激しないように優しくつけましょう。
※余分な量は絶対につけないように気をつけて下さい。


クリームはスキンケアの仕上げに使うものだから、保湿や栄養を肌に浸透させるケアを生かすためにとっても重要!なのです。

美肌を手に入れるために最後まで気を抜かず卵肌を手に入れましょう
posted by 美人主婦。 at 12:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 乳液・クリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

本来の綺麗な肌になるクリーム

クリームの役目は、化粧水や乳液などで入れた水分、油分を閉じ込め、足らない栄養を与える役目です。そして、外の刺激から肌を守ります

乳液でも閉じ込める役目を持っていますが、クリームは乳液よりしっかりと閉じ込めます。

クリームは、美肌には欠かせない物なので皆さんにつけてほしいのですが、
乾燥肌の方、肌が固くなっている方は特に丁寧につけてくださいね。


クリームの種類
クリームの種類は、ジェルとクリームがあります。
ジェルは、脂性肌の方にお勧めです。さっぱりした感触ですのでべたつきませんよ。
ニキビが出来ているトラブル肌の方にもジェルはお勧めです♪
混合肌、普通肌の方は、Tゾーンにはジェル、乾燥する部分にはクリームなどと使い分けてください。
乾燥肌の方はもちろんクリームを顔全体につけ、乾燥がとても気になる部分には、2度塗りをお勧めします。

※ クリームに鉱物油や石油系界面活性剤の入っているものは使わないで下さい。
肌のトラブルやシミになります。

見分け方の目安ひらめき
コップに水を半分ほど入れ、クリームを少し溶かしてみてください。
コップのふちにクリームがべったりつく様だと鉱物油が含まれている可能性が大です(*_*;


クリームを使って柔肌になりましょうぴかぴか(新しい)
posted by 美人主婦。 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳液・クリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

効果を出す乳液の使い方

乳液を皆さん軽視しがちですが・・・上手に使うと肌がフワフワになりますよ

乳液は手でつけるのが基本です。
手にたっぷりと乳液を出します。500円玉より少し多きいくらいかな。
顔の5点(両頬、顎、おでこ、鼻)にのせます。
手の平に残っている乳液を伸ばし手の平で温めます。
顎の方から、両頬、おでこと伸ばしていきます。

※ 優しく内から外へ、少し上目にリフトアップのイメージを持ちながら伸ばしていくといいですよ。

最後に、乳液を肌の奥にしみ込ませるために手の平で顔を覆い手パックします。

ちょっとマメ知識φ(..)メモメモひらめき
肌がごわついている時にコットンで乳液をつけると・・・
角質が無理なくとれるので、フワフワになりますよ。
※ コットンの摩擦がなくなるように、量はたっぷりと☆

ちょっとマメ知識φ(..)メモメモひらめき
洗顔をした後に、乳液で洗顔をすると・・・
硬かったお肌がフワフワになりますよ。

やり方は、普段つける量の倍の量の乳液をだし、普段の洗顔をするように洗います。
後は流すだけ☆
ニキビが出来やすい人は、毎日やると効果大です。

化粧前のときで、油分が気になるときはティッッシュOFFもOK!

少しの手間でフワフワ肌になりますよぴかぴか(新しい)
posted by 美人主婦。 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳液・クリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乾ききった肌に潤いがよみがえる!

シェアブログ1282に投稿

乳液とクリームの役目は、肌の水分や油分をバランスよく補い、また水分と栄養を肌に閉じ込めるとても大事な役目を持っています。

乳液とクリームの違いは、クリームより乳液の方が水分を多く含んでいるのが特徴です。乳液の方が一般的にはさっぱりします。

乳液をぬっても乾きを感じるときは、部分的にクリームを使うのが効果的です。
※ 特殊な効果を狙ったクリームの場合は、(美白効果やたるみ等)乳液を抜く場合もあるので、説明書を良くよみ使いましょう。

水分が大切と言われているのにここにきてなぜ油分が必要なのか(・・?

肌は、皮脂と汗で作られている皮脂膜というもので覆われています。皮脂膜がなければ、せっかく補給した水分が蒸発してしまうのです。また、外部からの刺激から肌を保護することも出来なくなります。
しかし!続きを読む
posted by 美人主婦。 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳液・クリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 美容ブログへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。