2006年10月18日

お肌の再生促進【ガスール】

ガスールとは(?_?)

モロッコにある世界遺産の古都、<青い街>の愛称で呼ばれているフェズで取れる粘土です。 北アフリカや中近東、ヨーロッパでも美容、粘土療法に古くから用いられています。

100%自然素材そのままの粘土で汚れを取り去る働きと、たっぷり含まれたミネラル(特にマグネシウムとカルシウム)で肌も髪も潤わせ元気にし、過敏になった肌を穏やかに整える働きをもっています。

ガスールですバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
ガスール【きゅあーず倶楽部】


ガスールはお肌の再生促進をするために、大地が恵んでくれた素材ですひらめき

≪ガスールのお肌の再生促進≫
続きを読む
posted by 美人主婦。 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容液の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

カテキンは美容効果の重要POINT☆

カテキンは、強い抗酸化力を持ちます。老化防止にはGOOD手(チョキ)
しかも、化粧品成分の中でも最も優勝な成分です。

カテキンの抗酸化作用は、老化防止のビタミンといわれるビタミンEの20倍、ビタミンCの10倍です。ビックリですね。

カテキンの美肌効果
続きを読む
posted by 美人主婦。 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容液の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

ビタミンC誘導体とは・・・(・・?

ビタミンC誘導体とは、酸化を防ぐために、ビタミンCと、リン酸マグネシウム等を結合させたものです。

ビタミンCを安定させるリン酸マグネシウム、これこそがビタミンC誘導体です

ビタミンC誘導体は、ビタミンCの酸化を防ぐので化粧品への配合が出来るようになりました。

しかし、ビタミン誘導体には美肌効果はありませんがく〜(落胆した顔)続きを読む
posted by 美人主婦。 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容液の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビタミンCの最大の効果

ビタミンCはしみシワを改善し、透明感とはりのある美肌へ導きます。

そのためには、ビタミンCを肌の奥の真皮層まで浸透させることがポイントです。

《ビタミンCが真皮に届くと??》
続きを読む
posted by 美人主婦。 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容液の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

美肌の鍵、ビタミンC

ビタミンCは、体内では貯蔵できない栄養素なので、毎日摂取を必要とします。

毎日ビタミンCを摂取しても、肌に届くのはごくわずかなのです。
淋しいですねもうやだ〜(悲しい顔)

♪ビタミンCの美肌効果
続きを読む
posted by 美人主婦。 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容液の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

コエンザイムQ10でいつまでもいつまでも美しく☆

コエンザイムQ10とは??
Co(補う)enzyme(酵素)という意味。
もともと体内に存在する酵素の一種です。

コエンザイムQ10は、私たちの活動に必要な栄養素であり、細胞を活発にさせる潤滑油のようなものです

20代をピークに減少していきます。40代では、コエンザイムQ10の量は20代の70%にも及ばないのです

コエンザイムQ10のうれしい美容効果
 
皮脂などの皮膚のオイル成分が老化や紫外線なのど影響により酸化を起こします。その為『過酸化脂質』となり、しみしわ、乾燥などの老化現象になります。コエンザイムQ10は、この過酸化脂質を元の物質に還元します。老化を緩やかにしているんですねひらめき

さらにコエンザイムQ10は、ビタミンEとともに過酸化脂質の発生を抑える働きもあります。

コエンザイムQ10は、お肌の悩みの根本から守ってくれています
『若返り』と呼ばれる所以がわかりますねるんるん


ちよと豆知識( ..)φメモメモひらめき
コエンザイムQ10は動脈を広げて血流をよくするので、脚の水分代謝をよくします。むくみを解消し、下半身の脂肪を燃焼させるい言われています。部分痩せができると人気がありますねハートたち(複数ハート)

コエンザイムQ10でお肌のハリを保ちましょう。
posted by 美人主婦。 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 美容液の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

スクワラン

スクワランとは?

深海サメの肝臓の油(スクワレン)を蒸留・精製したオイルのことです。
※スクワレンのままでは変質しやすいので、化粧品には使えません。
そこでスクワレンを飽和させたのが、スクワランです。

人間に皮脂の中にも5%〜10%のスクワランが含まれています。
思春期の15歳〜18歳をピークに減少します。

スクワランが減少すると、酸素が十分に供給できなくなるので肌細胞の老化が加速します。
老化を緩やかにし、みずみずしい素肌をいつまでも保つためにはスクワランは大変有効なのですよ。

また、スクワランは天然成分
石油から作られた合成油脂と違って、お肌のトラブルがほとんどありません。
安全性が認知されている美容成分ということです。

スクワランの優れた効果


続きを読む
posted by 美人主婦。 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 美容液の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

アロエベラで若返り☆

アロエベラには、アルファーオキシ酸であるリンゴ酸、酒石酸、ビタミンCが含まれています。
このアルファーオキシ酸は、コラーゲンの育成を促進する働きがあります。
つまり、肌の若返り効果があるのです。

アロエの成分は、口に入れても、直接肌に塗っても同じ効果です。肌だけではなく全身の細胞を若返らせる効果があると言うことです。

すばらしい〜〜ぴかぴか(新しい)

アロエにはもうひとつ重要な作用があります。
それは、活性酸素を取り除くことです。

体内には過剰に発生した活性酸素を取り除く、スーパーオキシド分解酵素(SOD)が作り出されています。
しかし、年齢とともに量が減少していくのです。

そこでアロエを摂取すると、SODの生産を促進することができます。

また、アロエ自身にも抗酸化作用があるので、活性酸素を減少させることが出来ます。

アロエをとることで、肌と体内も酸化を防ぎ老化を予防しましょう
posted by 美人主婦。 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容液の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

保湿力のある成分、ヒアルロン酸

ぴかぴか(新しい)ヒアルロン酸も、コラーゲンと同様にとてもシワに効果のある成分です。
ヒアルロン酸1gに対して、5〜6gもの水分を皮膚に留める力があるのです(@_@。脅威てきですね。
スポンジが水を吸っているような感じです。

水分をたっぷり含んだヒアルロン酸は、真皮の主要構成要素であうコラーゲンとエラスチンの隙間を埋めて支えています。
プルプルのクッションのような肌にする働きがあります。

しかし、年齢とともに減少していきます。
これもコラーゲンと一緒ですね。

もともと体内に存在している成分ですので、安全性はとても高いのです。美肌のために、このヒアルロン酸が注目される理由が分かりますね。

また、ヒアルロン酸はに溶けやすく、肌に馴染みやすいのです。
角質層の水分量を高めながら、油分とは違うしっとり感を与える効果があるので、美容液などに多くしようされています。

ヒアルロン酸を肌に補い、ふっくらと弾力のある、みずみずしい肌
posted by 美人主婦。 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容液の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

コラーゲンで若々しい肌を

コラーゲンとは?

繊維状のたんぱく質で、人間の体を形成する上で欠かせないものです。
皮膚、髪、爪、骨、などあらゆる部分を構成して細胞と細胞をつないでいます。
人間のたんぱく質の約30%を占めていると言われています。

皮膚の真皮部分に関しては、約70%をコラーゲンです。
皮膚とコラーゲンはとても深い関わりがあることが分かりますね。


またコラーゲンは、栄養や酸素を供給し、老廃物を除去する働きもしています。
そして、みずみずしくハリのある弾力な肌を保つ効果がある
ので、化粧品にも数多く含まれています。


ちょっとマメ知識φ(..)メモメモひらめき
コラーゲンが多く含まれている食品
鳥の手羽先、豚足、牛スジ、スペアリブ、
、フカヒレ、アンコウ、すっぽん、カレイ、ナマコ、貝類など
posted by 美人主婦。 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容液の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コラーゲンはしわの重要な美肌成分

肌にとってとても重要な美肌成分がコラーゲンです。

コラーゲンは、肌の表皮だけではなく真皮のほうまで届くので、しわやたるみにとても効果があるのです。
また、親水性アミノ酸が多くふくまれているため、保湿にとても優れている効果があるのです

20歳をすぎたら、コラーゲンの生成が衰えていきます。また色々なストレスによっても破壊されてしまいますがく〜(落胆した顔)
積極的に取り入れてケアをしたいですね。

また外から(皮膚から30%、体の中から70%と言われています)ばかりではなく、体の中からの摂取も、美肌への近道になります。

ちょっとマメ知識φ(..)メモメモひらめき
コラーゲンの効果をアップさせるには、ビタミンCや鉄分と一緒にとるといいですよ。
肌の保湿力を高めたいときには、ヒアルロン酸を一緒に。
posted by 美人主婦。 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 美容液の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

肌にもっと栄養を!美容液

化粧水乳液といったデイリーケアを続けていても、なんとなく肌がガサガサと感じる、くすんで見える、突っ張るなどの危険信号を感じていませんか?

そんなときに使用するのが美容液です。
美容液で素早く危険信号を対処しましょう。

美容液を毎日のケアにプラスすることにより、トラブルを抱えた肌を優しく包み込み、生き生きとした素肌によみがえります。

現状、色々な進歩により美容液も進化をしています。
これまでは配合出来なかった成分を配合できるようになり。目的、効果も多様になっています。

悩みや肌の状態に応じた美容液を選び、毎日のスキンケアにプラスしていけば、気持ちのいい肌に変化していきます。また、気持ちも変わっていきますよ。

美容液は、普段のスキンケアよりも贅沢なスキンタイムが楽しますよ


posted by 美人主婦。 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 美容液の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 美容ブログへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。