2006年07月28日

医薬部外品を使うタイミング

薬用と聞けば、薬と思い効果がすぐでると思うのかも知れません。
しかし、薬用とついてある化粧品は、人間にとって必要な細菌までも取ってしまうために、敏感肌になってしまうということもあるようです。

医薬部外品を使うタイミングは

トラブル肌がおきたときに使用するのが、主流です。
しかし、医薬部外品は予防を目的としていますから、トラブルを治療し治すものではないということを、頭に入れておいてください。

※ 医薬部外品は、他のものと混ぜてしようすると、トラブルになることがあるので気をつけてくださいね。

医薬部外品を使うときは、目的を明確にしてどのぐらいの期間を使うのかも決めて使用しましょう。
posted by 美人主婦。 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 医薬部外品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

知っておきたい医薬部外品の事☆

医薬部外品とは、薬と化粧品の中間の物を言います。

化粧品と医薬部外品との違いは、
@医薬的な効果が幾分か認められているが、予防や皮膚を清潔に保つ事を主としている。
Aメーカーが厚生省に申請し、認可された成分を化粧品に使用している。
B全成分表示の義務付けがない。
※ 指定成分のみの表示になります
※ 薬用と書いてある化粧品はほとんどが医薬部外品です。
人体の作用は緩和であるが、薬事法で医療的な効果が認められた成分を含んでいるもの『医薬部外品』です。

医薬部外品と医薬品との違い
@有効成分の効果があるため、治療や予防に使われる。
A効果がある代わりに、デメリットとして副作用もある。
医薬品とは、医師が処方する薬や、薬局で売っている風邪薬などで、文字通り薬です。

では、化粧品は(・・?
人体に対する作用の緩和な物で、人体を清潔にし、美化し、魅了を増し、容貌を変え、または皮膚や毛髪などを健やかに保つために、皮膚、毛髪に塗擦、散布するものとさえれています。

医薬品>医薬部外品>化粧品
効果は上記の順番になります。

化粧品と医薬部外品との大きな違いは・・・
人体に対する有効成分の効能効果の強さです。
化粧品は清潔や美化などを目的にしているのに対し、医薬部外品は主に予防を目的としています。
posted by 美人主婦。 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 医薬部外品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 美容ブログへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。